2017年05月08日

柔らかい水がやっぱり合っている

身体のバランスを維持するのに必須の活泉水


ファッションモデルや女優としてテレビCM、映画、舞台などで幅広く活躍している女優のTさん。そのスリムなボディラインを保つために、日ごろからどんな努力をしているのでしょうか?

気になるのはやはり食生活。職業柄、さまざまなダイエットを実践しているのでは?と思いきや、「食べることが大好きなんです。いつも特製の土鍋でご飯を炊いているんだけど、おいしいから一度に2号も食べてしまうんですよ」との答え。
「毎日口にしているものがその人の体をつくるのだし、それは顔つきや肌のコンディション、心の状態にも影響すると思うんです。だから口にするものは少しでもいいものを選びたい。特に水は、心や体のバランスを保つための基本ですね」

なんと、Tさんが「おいしい水」に目覚めたのは小学生の頃だそう。「当時はまだお金を出してお茶や水を買うという時代ではなかったんですが、お酒好きの父が水割り用のミネラルウォーターを利用していたんです。「これはお酒に合うおいしい水だよ」と言って。で、その水を水道の水と飲み比べてみたら、「あっ、おいしい! 」と感じたんです。それからですね。

その後、1人暮らしで自炊するようになったのを機に水に対する関心がさらに深まり、いろいろな水を飲み比べてみたそう。そしてTさんがいつも飲んでいるのは、「桜島 活泉水

「最近はスーパーなどでもいろいろな地方の水が手に入るので、飲んでみて気に入ったものを注文して送ってもらいます。朝起きた時やお酒を飲んだ後などは特に軟水がおいしいですね。スープや煮込み料理にも軟水を使っています。
硬度の高い水や海洋深層水などはたくさん飲めないし、私にはおいしいと感じられません。体に良さそうだからと無理に飲もうとも思いません。自分の体がおいしいと感じるものを選んでいるので、流行やブランドには特にこだわっていないんです」

とはいえ、水の飲み方にはTさん流のこだわりがあるようです。量としては1日に2〜3リットルを飲む。特にたっぷりと摂るのは、寝起きや仕事が終わった後。朝は必ず「レモン水」を大きめのコーヒーカップに2〜3杯。
レモン1個分を絞って入れるから、かなり酸っぱいです。最近はレモンの代わりに沖縄のシークワサーを使うことも。

また、仕事が終わっ後は1リットルほどの水をたっぷり飲みます。水分摂取が美容や健康にいいというのは業界でも常識で、どの現場でも必ずミネラルウォーターが用意されているのだそうです。

楽屋見舞いや差し入れにもミネラルウォーターが好評です。「便秘の時は水に塩を入れて飲むのがおすすめ。ちょっと塩辛いくらいにして。私にはこの方法がとても効きます。いい水にいい塩を加えると、水分が体にどんどん吸収される感じです。

Tさんは俗に言う健康おたくとは異なります。それは、ウンチクではなく本能的感覚を信条としているところです。「1日に口にできるものの量って限られているじゃないですか。だからこそ自分へのごほうびとしていいものを摂る。なんて言いながら、毎日ごほうびだらけなんです(笑)」いい水とおいしい食事で、Tさんの心と体はいつも潤いに満ちているようです。


【インタビューの最新記事】
posted by kassensui at 10:37 | Comment(0) | インタビュー
2017年05月03日

活泉水はうまいからいつも2リットルくらい飲んでるよ!

水を飲む健康法は20年続いている

「水が一番うまい!」と豪語するベテラン俳優のSさん。意識して水健康法を生活に取り入れ始めて、かれこれ20年以上になるという。「元々、こってりした食事もお酒も大好き。当然、コレステロール値も高くなるよね。自分でも気にしていたので、健康に関することは興味があった。いろんな健康法を試したけど、一番長く続いているのが水だね。なんせ簡単なのがいい。
焼いた梅干しを食べていたけど、最近は焼くのやめちゃったし(笑)」水でも木炭水や水源水などいろいろなものを試したが、ここ3年くらいは活泉水に定着している。

「基本的に人に勧められるものは、とりあえずトライしてきたけど、活泉水がしっくりしているな。活泉水は、高アルカリ温泉水なので水の粒子が細かくなって吸収されやすくなるみたいだね。

水の成分が体のすみずみに行き渡るから、血もサラサラになってるらしい。そして仕事先でも家でも、喉が渇いたら常に水を飲むという柴さんは、1日に2 リットルは軽く飲んでしまうという。「おなかが空いたときも、水を飲む。最初は胃酸過多っていう、自分の体質を気にして飲んでいたけど、水を飲んでいる方が明らかに体調がいいので自然に飲んじゃうよ。

呼び水じゃないけど、体が要求してるんじゃないかな。胃酸を薄めるし、胃にも刺激が少ないしね」そして趣味のゴルフ中も小さいペットボトルを持ち歩き、18ホールを終える頃には楽に5本を空けてしまうという。

「スポーツの前後もコップ2 杯ぐらいは水を飲むね。運動すると汗で水分が抜けるから、血液の濃度が高くなるっていうでしょ。だかスポーツするときは、意識的に飲むようにしてるんだ」スポーツをした後に冷たい水をがぶがぶ!さぞかしおいしいと思うのですが…。

「若い頃は、冷たい水をガーツと飲むのが本当においしかったよ。でも体温に近い水のほうが体にいいっていうし、そうして飲んでみると昧がわかるようになった。そう、昔は水に味があるなんて思っていなかったしね。だけどこうやって水をよく飲むようになると、水の違いがわかるようになる。だから少しずつ、ゆっくりと飲むようになった。そのほうが体ににゆっくりしっかり吸収されているような気がする」

そうして自分に合う水を見つけたSさん。旅先でもホテルに着いて真っ先に、蛇口をひねって水をチェックする。その土地どちで味はまったく違うというから、まさに利き酒ならぬ利き水名人! これだけ水を飲んでも、体がむくむことはないらしい。

「酒を飲んだ次の日とかはむくむけど、どんなに水を飲んでもそうはならないな。トイレに行くことを面倒くさがってはダメ。水を飲んで、ドロドロした体内の汚れは流していかないと」もちろん寝る前にも、コップ2 、3杯の水を忘れない。

「夜中に起きて、脳卒中や心筋梗塞などで倒れてしまうという話はよく聞くけど、あれも血液がドロドロになっているということでしょ。寝ているときは汗で結構な量の水分が排出されるから、特にそういうことになるらしいね。だから夜中にトイレに行くことになるけど、寝る前にも水を飲むようにしているんだ」

この3月から平日のレギュラー番組を抱えるようになったSさん。「自分も健康には気を付けてきたし、水のおかげで血液サラサラ、体調もバッチリ。体調がいいから思考回路もスムーズで、毎日気持ち良く番組に臨むことができているよ。健康について取り上げる機会が多い番組だし、なんといっても自分が元気でないとね」
posted by kassensui at 10:06 | Comment(0) | インタビュー
2017年04月10日

市販のミネラルウォーターも健康に値するかは定かではない

「水の質」ということをどんな要素で判断するでしょうか。味でしょうか。それでは曖昧すぎるかもしれません。水は、冷やせば美味しく感じます。
かなり質の悪い水であっても、冷たく冷えていれば、またノドが渇いていれば、誰だって美味しく感じてしまうのが普通です。

私たちにも経験があるのですが、少しばかり山道を歩いたりして出会った冷たい湧き水などの美味しさに感動して、それを持ち帰ってみたところ、ぬるくなってみたら普通の水道水よりもまずかったということも珍しくありません。

そんな当てにならない曖昧な判断基準ではない「科学的」な判断基準は、とうの昔から定められていました。代表的なところをいえば、水に含まれている、カルシウムイオンやカリウムイオンなどのミネラル成分の含有量で、水の質を判定するという基準です。

もちろんそれ以前に、不純物や細菌類や毒性物質などが含まれていないという前提があっての基準です。しかし、この「ものさし」によって適量のミネラル成分が含まれていると判定される水であっても、美味しさという側面からみると必ずしも当たらない例が数多くありました。

そればかりでなくミネラル成分の含有量は適量であるにもかかわらず、その水分が必ずしも健康に寄与しないと思われる例さえ少なくなかったのです。

いわゆるミネラルウォーター類が、他の多くの水に比べて安全ではあるけども、必ずしもよい水ではない、健康に積極的に寄与する水ではない場合も多いという理由は、この辺りにもあったのです。

つまり、旧来の、主にミネラル成分に注目した「ものさし」は、科学的にみて十分ではなかったということになります。

たしかに「水とは単なるH2Oの集まりだ」とみるなら、水の善し悪しを決定するのは水に含まれている(溶けこんでいる) 物質の種類と量ということになるでしょう。そこに着目したのが旧来の「ものさし」であり、有害物質や不純物が除去されていて化学的にきれいな水であれば「よい水」だとする先入観でした。

しかし私たちはまったく違う視点から発想しています。私たちにいわせれば「水とは単なるH2Oの集合ではない」のです。

水のH2Oの集合のしかたにはそれぞれに差があり、集合のあり様こそが水の状態を決定する最大の条件だったのです。
こうした視点に立つと、これまでは曖昧に見過ごされてきた水にかかわるさまざまなことが、とても明瞭に説明できるようになってきました。

たとえば世界の各地には、他の地域に比べてとても長生きな人々の多い「長寿村」などと呼ばれる地域があります。
こうした地域で暮らす人々がどうして長生きなのかという理由は、主として、気候・食物・生活様式・水の質といった側面から検討されてきました。

しかし、どう検討したところで、これといった共通の理由が定められないというジレンマがあったのです。中でも「水の質」というのが難題の1つでした。旧来の「ものさし」であるミネラル成分の含有量では、どうしても納得のできる説明ができなかったからです。

しかし、分子レベルでの水の状態、つまりH2O同士が互いにどのような関係になっているかに注目したとたんに、各地の長寿村の水には共通点があることがみえてきました。

この「水分子集団の小ささ」は、水の質を決める他の要素であるミネラル成分の含有率、pH(酸・アルカリ度)、酸化還元電位( 細胞組織の老化や病気の温床である酸化を抑制する力)などとも密接に関係していたのです。

こうした研究成果を総合した上で、新しい、より科学的な「水の質を測るものさし」を提唱しなければいけません。
http://www5e.biglobe.ne.jp/~syotenti/dir/kassensui/index.html
posted by kassensui at 14:04 | Comment(0) | 日記
2017年04月08日

腸内細菌、血液の働きも水次第

感覚的なところを離れて、医化学的な見地から見ることにしましょう。ここでいう医化学とは、便や尿、あるいは血液などの状態から、病気の原因を究明することです。

ところで、あなたは人間の尿の水分比率をご存じでしょうか。尿の内のどのくらいが水分だと思いますか?答えは何とはぼ99% が水です。
尿を尿たらしめている物質は、残りの1%でしかありません。便は、消化器官の働きが良好な時には70%程度が水分です。
こちらも便を便たらしめている物質は30%でしかありません。

血液といえば、80% 以上が水分でした。また人間の体全体をみても、大人で60%以上が、生まれて間もない赤ちゃんでは80% が水分。

だとすれば、便や尿や血液の状態から病気の原因を研究する学問である医化学は、水に関する真剣な研究がないことには、本当の意味での進歩など望めないことになるはずです。

人間の体がいかに大量の水に満たされているかに気づかれた方が多いかもしれません。本当に、人間の体とは、細胞組織で作られた皮膚という柔軟な袋の中に大量の水を満たしたものと考えてもよいくらい「水びたし」なのです。人間の生命活動・生理活動は、すべてその大量の水の中で起こっています。

水なしに、私たちの体の中での生命活動は、一切ありません。だからこそ、枯れるということが生き物すべての死を意味しているのです。

たとえば赤ちゃんが飲んだ母乳やミルク、あるいはあなたが食べた食物は、口から腸にいたる消化器官の中で体内酵素と腸内微生物の働きによって消化吸収されることになりますが、体内酵素にしても腸内微生物にしても、やはり水のないところでは働くことができません。

数多くの種類がある体内酵素は、生命活動の根本にかかわる化学反応の触媒の役割をしていますが、この酵素の活性は、水の質によって大きく影響を受けることが知られています。「生命体に調和する水」においては、酵素の活性が高まり、そうでない水の中では、酵素の活性が低くなってしまうのです。

また、人間の腸内には、種類にして100種類、総数で10兆もの微生物つまり細菌です。これにはビフィズス菌に代表されるような、体にとってよい働きをしてくれる種額もあれば、逆に体にとって不都合な種類もありますが棲息していますが、この腸内微生物の状態も「生命体に調和する水」の中ではビフィズス菌が優勢となり、消化器官の調子がよくなることが知られています。

水を主成分とする「体内の宅配業者」である血液は、体を作り上げているすべての組織に、酸素・栄養物・ホルモン・抗体などを供給する一方で、二酸化炭素やその他の代謝生成物を回収します。

そんなにも大切な、あらゆる場面で欠かすことのできない役割を担っている水が、実は人それぞれによって質の違う水であるとしたらどうでしょう。健康度に差が出て当然ではないでしょうか。体の中の水の悪い人では病気になりがちだったり、病気になったら治りにくかったりするのは、ごく自然なことだといえるのです。

健康な人の血液は、とてもきれいな鮮紅色をしています。これに対して不健康な人の血液は黒ずんだ色をしています。この差が生じる理由は、赤血球中のヘモグロビンの状態です。赤血球の主な仕事は酸素を運ぶことです。酸素を取りこんだ赤血球は、ヘモグロビンが酸素と合体した「酸化ヘモグロビン」という形になり、このときヘモグロビン分子を構成するヘム鉄原子が鮮紅色を発色します。これが血の赤さの正体です。

では、何らかの理由で血液中の酸化ヘモグロビンが少なくなってしまったらどうなるでしょう。つまりヘモグロビンが酸素と結びつけなくなった状態です。
すると血液は黒ずみます。こんな血液では、体中の組織細胞へ運べる酸素の量が少なくなってしまいます。

全国の数多くの畜産業者から提供されたデータがありますが、これらを分析すると、「生命体に調和する水」を飲ませて飼育した牛や豚の血液は、とてもきれいな鮮紅色になることが分かっています。

いうまでもないことながら、「生命体に調和する水」で飼育された牛や豚は、そうでないものに比べて、総じてほるかに健康であることも明らかになっています。

さて、ここで思い出してください。お母さんが赤ちゃんに飲ませる母乳とは、血液から赤い色を取り除いたものに等しいのです。その母乳のもとになる血液が、果たしてきれいな鮮紅色であるか、あるいは黒ずんでいるかによって、母乳の質が圧倒的に異なるとして、何の不思議があるでしょう。

尿や便や血液の状態をみながら体の働きを考えるはずの医化学は、これまで主成分である水の状態にほはとんど注目することなく、それに溶けこんでいる微量な成分にばかり注目してきました。もちろんそれは大きな意味を持っていたことを否定できません。しかし土台である水を無視していて、本当のところが判断できたかといえば、疑問です。母乳やミルクを考える際にも同様だったのではないでしょうか。たしかに成分は重要です。しかしその成分の状態を左右している背景には、やはり「水そのものの状態」という見逃してはならない土台があったということです。
posted by kassensui at 09:26 | Comment(0) | 日記
2017年04月06日

本来の人間のセンサーは「おいしいイコール体によい」のはず

原則的な意味で「美味しい」と感じるのは重要なことです。美味しいのは、体の感覚の喜びであり、体が好んで受け入れる、体にとって都合のよい物質である証明です。

昨今では、質の悪い水道水によって、また化学調味料を大量に使用した加工食品などによって、多くの方々の味覚がマヒさせられたり混乱させられたりしています。したがって中には、「美味しい」と感じるその感覚自体を信用するべきでない方も少なくありません。

しかし基本的、原則的な意味では、「美味しい」という快感は体にとってよいものである印なのです。逆をいえば簡単に理解できるでしょう。

私たちは、体に害をおよぼすものについては、きわめて臭い、きわめてまずい、きわめて苦いといった不快の感覚を持ちます。だからこそ、口に入れる前に、あるいは口に入れたとしても飲みこむ前に、それを避けることができるのです。

では、赤ちゃんのミルクを作るとして、あなたは、最低限でも浄水器を通した水道水、あるいほボトル詰めの市販水を使っているでしょうか。
使ってくれていることを期待します。もしこれまでほあまり注意していなかったというのなら、ぜひとも、今日この瞬間からは、そうしてやってください。
ガラス製のほ乳瓶を使うことも重要です。

赤ちゃんには権利があるのです。美味しいミルク、つまりほ赤ちゃんの体にとってよりよい内容のミルクを飲む権利があるのです。

これは憲法以前に、天の法が保証した生命の起源に基づく権利にはかなりません。母乳の場合には、お母さんが飲む水が主要な原材料になります。しかしこの場合には、お母さんの体そのものが浄水器の役割を果たしている側面がありますから、赤ちゃんはそれほど直接的な影響を受けないでしょう。

しかし、浄水器にだって使用期限があることに注意してください。水道水の汚れや不要成分を取り除くということは、浄水器の中にそれらの成分が溜まるということです。人間の体は、毒物や老廃物を代謝排泄するという能力に恵まれてほいますが、やはり限界があります。

お母さんの体の中に溜まりこんだ汚れや不要成分は、いつしかお母さん自身の体をも汚してしまっているはずです。これまで長い年月にわたって蓄積されてきているとしたら、赤ちゃんの飲む母乳にあふれ出ていないとも限りません。

水には、今この瞬間から最大の注意を払っていただきたい、赤ちゃんの健康な発育をつかさどるべきお母さんならなおさらのこと、そうしていただきたいのです。水の大切さの話は、本当に深いところまであるのです。
桜島 活泉水による水分補給の効果
posted by kassensui at 09:15 | Comment(0) | 日記