2017年11月21日

水と脳の関係性

活泉水を飲むことで血液がサラサラになり、これが脳へのいい影響を与えます。アルツハイマーや脳梗塞などを防ぐためにも水はとても大切です。

年齢を重ねて、お腹を壊して下痢をした際に脱水気味になり、血液がドロドロになり、脳梗塞や心筋梗塞を起こす方が増えています。脳梗塞や心筋梗塞を発症する際に、下痢状態が2〜3日前から続いていたという方が多数いらっしゃいました。

水分をしっかり摂ることでさらさら血液に

「サラサラ血」、「ドロドロ血」という言葉をよく耳にします。血液の液体分(血しょう)の90%は水分であり、常に新鮮な水を取り込撃」とでサラサラ血液を維持しているのです。

ドロドロ血液の状態が長く続くと、高血圧・心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病などを引き起こしやすくなります。日本人の死因の上位を占める脳梗塞や狭心症は動脈硬化が原因ともいわれ、ドロドロ血の影響が大きいのです。水でからだを潤すことは、血流をよくし血液の老化を防ぎます。脳梗塞や心筋梗塞の半数以上は、朝方に起きています。これは、就寝前に水分をしっかり摂っていないことによるいわゆる「脱水」です。

ボケの予防

高齢化とともに社会問題となっているのが認知症です。老化にともなって怒りやすくなるのが、脳が萎縮するアルツハイマー病です。また、これとは別に、脳硬塞や脳出血によって脳細胞の一部が壊れてしまう脳血管性のものがあります。

アルツハイマー病の決定的な治療法は確立されていませんが、これらを予防する研究がすすめられています。特に、脳血管性のものは血液の流れや成分をコントロールすることで発症の可能性を低くすることができるのです。サラサラの血液でいることが予防につながります。

脳梗塞の予防

脳梗塞の予防は、朝起きて伸びをしてコップ2杯の水を飲むことから始まります。私たちは寝ている間も汗をかいています。からだから水分が奪われると血液の濃度は高まりドロドロ血に近づきます。当然、就寝前にもコップ1杯の水が必要です。

朝方に脳梗塞を起こす人が多いのも、1日のうちでいちばん血液が濃くなっている時間帯だからです。夜寝る前に水を飲むことも脳梗塞の予防に効果があるといわれます。ぜひ習慣づけたいですね。入浴前後で1杯、就寝前に1杯は、命の1杯なのです。
寝る前に飲むコップ1杯の水は、できれば常温をゆっくり飲むのがおすすめです。
泉水であれば、柔らかいとてものどごしのいい水なので、おすすめです。

エコノミークラス症候群もしっかり水を飲むことで防ぐことが出来ます。
posted by kassensui at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知識
2017年10月12日

活泉水を飲んで脳(司令塔)にはどんなメリットがある?

活泉水を飲んで十分にからだを潤すと、どんないいことがあるのでしょうか?

脳に十分な酸素が送られる

人間の脳は75%が水分です。脳が水分を一番必要としている臓器だと知っていましたか? 脳が正常に働いてこそ、人間は生きていくことができるのです。今あなたが飲んだ活泉水は1分後に血液と一緒に脳へ送られます。酸素を脳の毛細血管のすみずみまでたっぶりと行き渡らせるには、常温の活泉水を少しずつこまめに飲むことが大切です。いつもクリアな思考でいることができます。よく聞く脱水症状とは、脳に水分が行き渡らないために、組織を動かす指令が出せない状態のことをいいます。からだに必要な水分を調節する機能がうまく働かないのです。十分な水分を摂ることで血液循環がよくなり、脳は活性化されます。はル、炉s i監巌脳はからだを統括する中枢、まさに司令官です。働きもののあなたの脳に、1杯の水を忘れないようにしましょう。特に仕事に熱中しすぎたり、頭を使う会議のときなど的確な指令を出すためにも、脳の潤いを忘れないようにしたいものです。

さらさら血液に

サラサラ血」、「ドロドロ血」という言葉をよく耳にします。血液の液体分(血しょうの90%は水分で、常に新鮮な水を取り込ぎとでサラサラ血液を維持しているのです。ドロドロ皿液の状態が長く続くと、高血圧・心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病などを引き起こしやすくなります。日本人の死因の1位を占める脳梗塞や狭心症は動脈硬化が原因ともいわれ、ドロドロ血の影響が大きいのです。水でからだを潤すことは、血流をよくし血液の老化を防ぎます。

ボケ予防

高齢化とともに社会問題となっているのが認知症です。老化にともなって起こりやすくなるのが、脳が萎縮するアルツハイマー病です。また、これとは別に、脳梗塞や脳出血によって脳細胞の一部が壊れてしまう脳血管性のものがあります。アルツハイマー病の決定的な治療法は確立されていませんが、これらを予防する研究がすすめられています。特に、脳血管性のものは血液の流れや成分をコントロールすることで発症の可能性を低くすることができるのです。サラサぅの血液でいることが予防につながります。

脳梗塞の予防

脳梗塞の予防は、朝起きて伸びをしてコップ2杯の水を飲むことから始まります。私たちは寝ている間も汗をかいています。からだから水分が奪われると血液の濃度は高まりドロド血に近づきます。朝方に脳梗塞を起こす人が多いのも、1日のうちでいちばん血液が濃くなっている時間帯だからです。夜寝る前に水を飲むことも脳梗塞の予防に効果があるといわれます。ぜひ習慣づけたいですね。脳血栓を防ぐsakurazima-kassennsui.png
posted by kassensui at 14:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知識
2017年10月05日

活泉水を飲むにあたって間違った飲み方もあるので注意!体を冷やすと効果が期待できない

1日にたくさんの水を飲むこと、1回に飲む量はコップ1杯ぐらいで何回にもわけて飲む方が効果的だとわかりましたが、こうした飲み方をしても便通が改善したり、肌がうるおったり…という期待した効果が実感できずにいる人もたくさんいます。そもそも水を飲むことが健康や美容に影響があるわけがない…と思う人の方が多いのです。


では、どういう点が間違っているのでしょうか?また、よくない点を改めて活泉水の効果をより引き出すにはどうしたらいいでしょうか?


多くの人がこれまでよりたくさん水を飲むようになると、体が冷えてしまうのです。人間の体は体が冷えると水分を外に出そうと働きます。寒い場所にいるとトイレが近くなるのはこのためです。脳がオシッコで体の水分を排泄しようとしているのです。


活泉水は軟水でとても口当たりがいいので、ぐいっと飲めてしまう点も体を冷やししてしまう原因です。非常に口当たりがまろやかでおいしいのでぐいぐい飲んでしまいます。

こうした飲み方は、体に吸収される前に尿として排泄されてしまうデメリットもあります。体を冷やしてしまうために水分を外に排泄しようと体が働いてしまうのです。これだとせっかく体への吸収率の高い活泉水を飲む意味がなくなってしまいます。

体は冷たい水が胃を通過すると、体を冷やしてはいけないと、体外に排泄するために尿として出してしまうのです。常温の活泉水、または、冷えた活泉水でも口の中でよく温めて飲めばこうしたことは回避できます。胃腸は冷たい水で冷えると、だるくなったり、元気がなくなったりします。いわゆる夏バテ状態です。

また、活泉水で体を冷やさないようにする以外にはどんなことに注意したらいいでしょうか?

食べ物

食べ物は体を温めるものと冷やすものに分類されます。体を温める食べ物を「陽性食品」冷やす食べ物を「陰性食品」と分類します。

体を温める陽性食品は、野菜の場合、かぼちゃ、玉ねぎ、ニラ、ネギ、サツマイモなどがあります。体を冷やす陰性食品の野菜には、トマト、キュウリなどがあります。


他に体の冷えを改善する際に効果的なのは、入浴です。お風呂で半身浴などは非常に効果的です。

また、現代人の運動不足の生活習慣は冷えを招きやすくなります。頭を使う頭脳労働が増えたために、下半身や内面には冷えが発生してしまうのです。デスクワークで1日の大半を座ってモニターに向かっているのも冷えを招く原因です。目が疲れるので、自律神経も不安定になり、冷えは加速します。

また、紫外線をあびるのはよくないことから日光に当たる機会も減っています。確かに紫外線を活性酸素の原因ですが、朝起きた時などは、窓越しに日光を入れて、脳をしっかり目覚めさせることが大切です。

あと現代人が冷えを招きやすい生活習慣に「食べ過ぎ」があります。食べ過ぎ、飲み過ぎにより老廃物や毒素の排泄が追いつかない状態です。
食べることを自分でコントロールできない人、ストレスを食べること、飲むことで発散することが習慣化してしまっている人は、食べ過ぎのときにプラスノンを利用するようにすれば安心です。

せっかく高価な活泉水を飲むであれば、その効能、効果を自分の体でしっかり感じないとつまらないですね。

生活習慣を見直した上で活泉水の飲み方にも注意しましょう。活泉水を飲んだからといって悪しき生活習慣、食習慣があればその効果を期待することは難しいでしょう。ただし、本当に活泉水のメリットを理解して飲む人は、今の何倍もすばらしい健康・美容を手にいれることができるはずです。人の体は70%が水です。その水にこだわることは、ごくごく自然なことです。


posted by kassensui at 15:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知識
2017年09月01日

活泉水は飲んで10分後には皮膚の中に届く体に浸透しやすい水を選ぶことが大切

体の中の水は、体に必要な栄養分や不要となった廃棄物を運んでいます。では実際に活泉水が体の中でどようのうな働きをしているかを見てみましょう。

30秒後(血液に入ります)

口から入った水分は30病後には胃を通過し、大腸の腸壁から毛細血管に吸収され、毛細血管の壁を通り抜けて血液に入りこみます。
血液の液体分(血しょう)の90%は水分で、さまざまなたんぱく質を溶かし込んでいます。そこに水分を補給することで、血液は適切な浸透圧でさらさらと流れます。

1分後(脳や生殖器に入ります)

血液の中に自然に溶け込んだ水は、1分後には脳に達します。脳は体の司令塔ともいえる組織で全酸素量の20%を必要としています。常に多くの血液が集まり、張り巡らされた毛細血管を通して酸素が供給されています。酸素が十分に補給されると頭はすっきりします。また、子宮などの生殖器も多くの血液を必要とします。特に妊娠中は浸透しやすい水を多めに摂取して羊水をキレイに保つようにしましょう。
妊婦のための活泉水 も目を通すといいかもしれません。

10分後(皮膚細胞に入ります)

常に外気にさらされている皮膚の細胞は乾燥しやすく水分を失いがちです。皮膚の水分量が減ると、粉をふいたり、皮がむけたりするだけでなく、かゆみや痛みをともなうことがあります。プルプルと潤った肌を保つためには、新鮮な水分を皮膚に供給することが大切です。
本来、肌は過保護をきらいます。ローションやクリームで外側から水分や栄養を与えて過保護をしていると肌はそれに慣れてしまい自ら元気になろうとする力を失います。こまめに水を飲むことで肌の潤いを保つようにします。
活泉水はこちら。化粧水やローションを使ってはいけない!と言っているのではありません。
できるだけ使わない習慣が大切だということです。
浸透しやすい活泉水を正しく飲めばこういった化粧水やローションが不要になるケースが多いのです。

20分後(心臓、肝臓、腎臓に入ります)

心臓、肝臓、腎臓もその70%以上が水分で構成されています。
血液は毛細血管を通じて内臓に達し、細胞に新鮮な酸素や栄養を与え、不要物を引き取る役目を果たしています。まさに水は臓器を支える源といえるでしょう。
集められた不要物は血液のクリーニング工場である腎臓で濾過され、尿となって排泄されます。また、血液中の水分は胆嚢で作られ、胆汁やすい臓で作られる膵液などの消化液を作る材料にもなっています。

こうした一連の水分が体を巡る工程は体液に近くミネラルバランスのいい水を摂ることにより効果を発揮しますが、カルキまみれの水では滞りやトラブルが起きることもあるかもしれません。
人間の体は6割以上が水分です。
その水分はやっぱり質のいい活泉水などで補いたいものです。
posted by kassensui at 11:34 | Comment(0) | 知識
2017年08月30日

より効果をあげる活泉水の飲み方

食材にそれぞれおいしい食べ方があるように、水にもおいしい飲み方があるんです。そしてとても大事な部分なのです。

私たちはごはんを食べるときには「いただきます」といいます。これからは水を飲むときにも「いただきます」と言ってみましょう。できれば声に出して、それが恥ずかしかったり状況的にできなかったりする時は、心の中でつぶやくだけでも違います。水は私たちになくてはならない栄養素です。飲む前にいただきますという気持ちを持つだけで、水に対する意識もかわってくるものです。そして、なにより私たちのからだが水を気持ちよく吸収して、からだを潤してくれるような気がしませんか?

こういう内容は「うさんくさい」「宗教の臭いがする」という人が多いのですが、水で美しくなる女性や元気な男性は水の価値をよく心得ています。
常温で飲む
冷えた水はおいしいのですが、冷たすぎる水はからだを冷やしてしまいます。むくみにつながることもあり冷たい水はおすすめできません。また、冷たい水は体に吸収されずにすぐに排泄されてしまいます。
こまめに何回にも分けて飲む
コップ1杯(約200cc)ずつをマメに飲むようにします。ゆっくりと、味わって飲みましょう。1日に飲む量の目安は1.5リットル位。必要な場合を除いては、やみくもにたくさん飲む必要はありません。ちなみに肝臓、腎臓に水が届くのは、約20分後です。
毎日飲みましょう!
発汗の多い夏はもちろん、冬でも欠かさず水分を補うようにしましょう。冬のほうが乾燥していますので、からだは水を欲しています。
体を冷やさない
体が冷えると水分が外に排泄されてしまいます。活泉水のようないい水も喉を通って吸収されにず尿として排泄されてしまいます。体を冷やさないことは大切です。
活泉水を飲む前に「いただきますー」の一声を。
めんどうくさがらずにやってみましょう。
posted by kassensui at 14:55 | Comment(0) | 知識